トリートメントパサパサ、広がる悩みに


 

 

トリートメント。。。。

 と聞くと

傷んだ髪がつやつやになり治るというイメージですが

 

 

一度傷んでしまった、髪は残念ながら、もう(なおる、元に戻る)

事は無いのです。(;_;)/~~~

 

 

髪は爪と同じ細胞で、爪がかけたら、根元は伸びても先の方は元に戻らないのと同じで髪は傷んだら、戻りません、

治ったようにたように見えるようにつなぐしかありません。

 

でも、カラー、パーマ、日ごろのお手入れなどで傷んでしまうと

パサパサのままでいるのでは、

見た目も老けて見えますし

朝のブローも大変で

ストレスになりますよね

 

 

 

ただ、トリートメントも間違ったやり方や、種類ににより髪を余計に傷めることもあります。

 

傷んだのは、どんなに高級なサロントリートメントも、

なおることは、ないんです。。。

 

 

 最近では髪を、修復するようなトリートメントも出ていますが

 

 

 

アイロンを使うトリートメント、トリートメントは中身は??でも色んな名前のものがありますよね。

 

実際にそんなトリートメントを繰り返している方の髪

そうでない方もいるかもしれませんが

 

それはもう大変。。。

カットするにも櫛はとおらない、絡みつきすぎて

 

そんな状態で毎日家で髪をケアしてたら

当然、さらに傷みます

 

そうなると

自宅で色々なトリートメントや、傷まないと言われるアイテムを使い

頭皮にダメージが出てしまうという悪循環になる方もいます

 

 

 だから、美容室でトリートメントしたはずなのに

余計に傷んでくる。

 

ドライヤーだってコテだって、シャンプーも良いのを使用しているけど

パサパサになってしまって大変。。

 

 若しくは、余計に傷んじゃってる( ;∀;)

 

そんな髪は

ぬれた状態では

絡みついてとろとろしていて

いたり、ゴワットしていたり

 

 

パサパサして見える。

短い毛がうねって出てきてしまう

 毎日大変ですよね。

 

髪が傷むのは

 

化学薬品の影響

毎日の髪の扱い方

(熱や摩擦、使用しているもの、毎日の髪の扱い方などなど)

です。

 

傷まないようにするのは美容室で薬品の扱いに気を付けてもらうのはまずは大切です

後は

自宅でのケアを気を付ければよいという単純な事なのですが、知らずに傷めることが良かれと思いしている事や使用しているものだったりします

 

薬品とは、白髪染め、明るくするカラー、ストレート、縮毛矯正、パーマ、時にはトリートメントの薬剤、ヘッドスパに使う薬剤などをを使えば、ウエーブや、髪の微妙な色、サラサラのストレート

というメリットもあります。

 

 

 

傷んだままは、悲しいですよね。傷んでると5歳~7歳老けて見えると言いますし( ;∀;)

 

まあ。オイルでみ使い見た目をツヤにしておけばよい話でしょうが

 

できたら皆さん極力傷みを抑えたいかと思っているかとおもいます

 

 

 

 

 



 

 

 

今ある傷んでしまった髪

を傷めてしまったら

もちろんその髪にツヤを与えることもしたほうがきれいに見えますが

 

傷ませてしまった髪は、治りませんし、トリートメントなどで押さえ込んでも、2、3週間

持てば良い所ではないでしょうか?

 

なのでふんわりとでは

新しく生えてくる髪を

とにかく傷めない事を

お客様も自宅で気を付けて習慣にし

 

 

根本的な所から変えていくことをおすすめしています

 

新しく生えてくる髪を大切にして

 

傷めない事、頭皮を大切にすることで

 

美容室に通えば通うほど

 

 

髪がバサバサに

なってあってないのかな。どうしてこんなに傷んじゃったんだろう?

安い毛染めを使ってるのかな?

 

 と悩んでいた方も

 

傷めない事を大切にし

 

 

家での自己流ケアはやめて

 

新しい髪を

一緒に育てていくことで

 

年齢化とあきらめていた髪もキレイにツヤに

頭皮も改善していけます 

 

40代過ぎからは

髪にはツヤが大切!

 

あきらめないでくださいね!

 

 

 

 

長く小まめにまかせていただくと

 

ほんと、髪が良くなって、手入れもブローも楽!

 

ていっていただけます

 

美容師の私も、最初激しく傷んだ状態で見えたお客様は

あー絡んで大変、こんな状態かわいそう。頭皮までダメージがすごい。。。

薄毛の入り口かな。。。

と心配した方も

改善していきます!

 

 

 ふんわりとは

トリートメントは

シリコンでツヤでは繰り返し行うことでぱさぱさになってしまうというデメリットもありますし

頭皮の事を大切にしなければ髪が弱くなってしまうため

 

 

髪のケラチンたんぱく質の補給や

ぺセリア

シルク

キトサン

 

ヘナ

酵素たっぷりのハーブ

などを使い

髪を、頭皮を傷めない髪を育てるトリートメントケアをしています

 

また、植物ではないカラーやパーマで薬品使用の場合は

薬品が髪に残らないような処理をしっかりと行っています