ふんわりとのヘナ

のぞいてくださってありがとうございます!


ふんわりとで使用しているヘナ。は、髪の美容師が美容所で行うヘナです。

植物だとしても、商品として髪を染める染毛料として認可を受けているものです。

 

 ただ、体に害がないだけじゃない

 

美しく仕上がる様塗り方など気をつけて、

ヘナ、ハーブを心がけています。

 

 ハイクオリティヘナ:ハーブカラーと、

太陽と大地のヘナを使用しています!

 

たまに聞く健康ビジネス系のへなではありません。

 



ふんわりとの100%植物本物ヘナ、ハーブカラーは、

ソジャット産のヘナを使用しています!

ふんわりとで使用しているヘナ、ハーブ

100%植物のヘナ。

 

信頼出来るものを探し使用しています

 

 

インドで収穫されたもので

インドだけではなく

 

日本に来て、しっかり再度、科学染料を配合してないかの、検査をしています。

 

オーガニックヘナ?って聞かれることもありますし、オーガニックヘナで高級なものと、歌っているヘナもあるようですが、

ヘナって、とても丈夫な植物で、農薬など使用しなくとも十分に育つものです。

 

なので、オーガニックとはあえて認定はとっていませんが、その必要がありません!!

 

経験値のある、美容師の技術と、良いヘナをとりあわせた

ふんわりとのヘナは

使い方により

その人に似合う色なるツヤのでる、魔法のような、ヘナ!

 

 

 



ヘナはインドなどに自生する、ミソハギ科の植物で、その葉を乾燥させ粉末状にした、

100%天然のヘアカラーです。

お茶や、ワインと同じように産地などにより品質が変わるのも特徴で、


インド・ラジャスタン州ソジャトという地方で栽培されたヘナが最高品質のヘナと言われおり、

ふんわりとのへナはソジャトの最高品質のヘナを使用しています。


インドでは何千年も昔より、髪や肌を染めたり、

インド伝承医学アーユルヴェーダでは、薬草として何千年も昔から使われています。 


クレオパトラも髪や爪に塗っていたのは有名な話です。 


現在も、髪や布を染めるはもちろんのこと、薬草として、更に最近では、 ヘナタトゥーとして肌にヘナで図柄を描くためにも使われています   (ふんわりとでは、ヘナタトゥーはしていません)


ヘナ、写真を見ると

葉っぱですね!

 

名前のとおり

 

たっぷりと

太陽と

大地の恵みを吸収した

自然100%のヘナ、ハーブです( ◠‿◠ )

 

ハイクオリティーなヘナです。

 

香りも、、抹茶のような、乾草のような

畳のような

癒される香り!

 

よくヘナは臭い!という事も聞きますが

個人により感じ方はありますが

ふんわりとのヘナ、は臭いという方は少ないです。



ヘナは野菜や果物と同じように、

自然の中で育ちます。

 

同じ大根でも、同じリンゴでも、環境や育て方によって味は変わりますよね。

 

ヘナもそれと同じです。

まずは、育つ場所。インドのラジャスタン州ソジャトという場所が世界的にも有名なヘナどころで、

その中でも10月~11月ごろに刈り取られるファーストヘナ(一番茶のようなものですね)が最高品質と言われています。

 

また、通常ヘナは重さで取引されるため、信頼が置けないところで購入すると、「茎」や「枝」ひどい場合は「砂」を混ぜられてしまいます。

 

そのため、高品質のヘナを入手するためには信頼できる取引先が不可欠なのです。さらには、パウダーにするまでの製法にもこだわりがあります。機械で葉だけを選別したのち、さらに手振りでできる限り葉だけの状態にしたもののみを輸入したヘナを使用しています。

 


ヘナはインド西部にあるラジャスタン州ソジャトのヘナが最高品質と言われています。

 

この地で丁寧に育てられたヘナは、日本の秋(その時の天候などによりますが10月~11月ごろ)の季節に刈り取られます。日本の夏の時期はソジャトでは雨季にあたり、雨水をたくさん吸った土壌に生えるヘナに水分と栄養が与えられます。

ヘナは稲と同じように年に一度の刈り取りで、

この時期には近所の女性たちが駆り出されますが、この地域では貴重な現金収入となります。

 

刈り取ったヘナは、天日干しで乾燥させ、木の棒でたたいて葉を落とし、それを近所の工場に運びます。工場では、染まらない枝やゴミ、砂などを取り除き、ヘナの葉だけにして、それをグラインダーで粉にします。粉になったヘナをさらに布でこすと、滑らかなヘナパウダーになります。

 




ヘナってどうやって染まるの?

通常の化学染料(ヘアカラー)の場合は、髪のメラニン色素を壊し、酸化染料が過酸化水素によって酸化され発色します。要するに「化学」の力で、本来の髪の色を抜き(脱色)、化学反応により色をつけるわけです。

しかし、ヘナの場合は、髪の主成分であるケラチン(たんぱく質)と、ヘナの主成分であるオレンジ色の色素ローソニア(タンニン)が結合することにより、色を定着させるという特徴があります。 要するに、ヘナのオレンジの色素が髪にくっつくという、いたって自然な仕組みになっています。ただし、「脱色」という作用がないので、髪を染めることはできますが、髪を今の状態より明るくすることはできない、つまり色を付けることしかできません。

しかし、元の髪の色が「白」要するに「白髪」であれば、白髪はヘナのオレンジにきれいに染まるのです。

また、ヘナで一度染めた髪は、色落ちがほとんどありません。通常のヘアカラーは、髪を守るキューティクルを壊したり、開いたりするので、髪が傷み、そこから色素が抜け出る(=褪色(たいしょく)する)ことになりますが、ヘナは髪にくっついていて、さらに髪の内部まで浸透し内部のたんぱく質を染めるので、簡単には褪色しないのです。

 

※ただし、プールに毎日入る方や、洗浄力の強い鉱物油(石油)由来のシャンプーを使用した場合、褪色することがあります。


ヘナは高いトリートメント効果があり、髪が傷まないヘアカラーです

ヘナで髪を染めるとこんなにいいことがあります!

①髪にツヤがでる!

②髪にハリ・コシが出て、髪が丈夫になる!

③傷んだ髪が修復される!

④ボリュームが欲しい方には、ボリュームアップ!

⑤ボリュームが出すぎる方、くせ毛の方には、ボリュームダウン!

⑥スキャルプケアの効果で、頭皮、毛穴がスッキリする!

⑦頭皮が潤う!


普通の白髪染め、普通のトリートメントから、切り替えてヘナ、ハーブにしたお客様は

皆さん、

♦こんなに良いものなら、早くやればよかった!とか、

♦髪染めのストレスが少なくなったとか、

♦毎月白髪染めをするたびに、白髪染めかぁ~と、考えていたのが、

 

今日はヘナ、ハーブ♪髪、地肌、体に良い♪、と気分も変わったといます。

 

♦2週間したら白髪が気になっていたのに、髪がふわっとする事で、

新しく生えてくる白髪の部分は、気になる期間が延びたといいます!

 

 

良いものを使用していても

技術的な所で、ヘナの、良さを引き出せずに

 

ヘナを使用していても

イマイチと感じている方、商法がなんか。。と、ひっかかっている方も安心して

 

ふんわりと美容師の行なうヘナ技術で

髪がきれいになります(^ ^)

 

      サロンヘナと、自宅でヘナの両党の方もいたり、2度ほどサロンヘナを経験後

私が、塗ってお客様が、家へ、ニット帽をかぶり、帰り自分であらうと、いうのも

時間や、少しのお金の節約にもなります

(^^)

 

お客様の、時間や、予算、好みなどを考えて、長く髪がきれいでいられるよう

ていあんしています!

 

 

ピリピリしない、

髪がふんわりする

頭皮にやさしい、

傷まない、続けるごとに

艶髪になれるふんわりとのヘナでした!