白髪染めが体に悪い?

のぞいてくださってありがとうございます!

 

毛染めのアレルギー成分について知っていますか?


毛染めが、体に良くない事は、テレビでも放送されたり

 

インターネットでも、良く書かれていて


厚生労働省のページにも

毛染めによる皮膚障害の事がのっています


 

皆さん、だいぶ知っている様です。

 

検索したら、いっぱい出てきますね。。


アレルギーだけの事でいうなら

誰にでもあるリスクになります。


エッー知らなかったと

言う方が多いです。

肌につくものは

かりに、自然な物でも

アレルギーのリスクはつきものです。


美容室で使われる

白髪染め、おしゃれ染、パーマ、縮毛矯正などの、薬剤は、

成分を見、調べると


ちょっとびっくり。。。


口に入れるわけじゃないけど




揮発して吸っていたり

皮膚につくと思うと、

大丈夫かな?て、いう成分です。




毛染め染料成分の、

パラフェニレンジアミン、という成分があります。


パラフェニレンジアミンは

誰もが、なるかもしれない

強くアレルギー症状がおきる可能性がある

と言われています。



 

浮腫、虚脱状態、肝臓障害、遺伝子の突然変異、発がん、溶血作用

 

アレルーギー反応

頭だけでなく、顔や体にも、時間差でもあらわれる事もある

ピリピリ、ヒリヒリ、痒み、痛み、かぶれ、だるい、頭痛、皮膚障害、呼吸困難

 

妊娠中の使用は、免疫機能に異常がでる可能性

 

など、その他、沢山の危険があるものと言われています。


毛染めはだいたい、2つの液に別れていて

混ぜてつかいますが、


ひとつの液は過酸化水素というもなで


老化の原因となる活性酸素をだします。

他国では、白髪が増えるとも言われてるようです


 

それを、どれぐらい繰り返したら、いけないとか、わからないですが

 

海外では、毛染めの色素化学成分の方も、

禁止されている国もあるようです。

 

体に良くない事は、あるかと思います。 


パーマ液も

あまり良くなくて


あくまでも、ネズミですが

つけて、がん細胞が増えたとの

事があるようです。


人間でどうかはわかりませんが


毛染め液、パーマ液

髪を傷めるだけに、

あんまりよろしくは

ないと思います。


白髪となると、毎月その、薬液をぺたぺた、頭皮に塗り

 

なんか最近しみるしピリピリするな、と繰り返していたら、ある日突然

 

顔はパンパンに張れ、膿をもち、ジュクジュクの状態に。


毛染めをした後

 

頭が痛くなる

 

気分が悪くなる

だるい



 

なども、直接頭皮でなくても

 

まぶたがむくむ

リンパが張る

 

赤くなる、

 

毛染めがついた頭をシャンプーして

指先が痛くなる。

 

その、当日にでるとは限りません


後日、からだがだるい

頭痛、かぶれ、発熱、

 

 

などなど。


美容院全般の毛染めも

市販で売られている物も

いくら、オーガニック、ボタニカル

などと書いてあっても


ある、一定の

科学染料のジアミンが含まれています。


オーガニックカラーとか、ボタニカルカラーとか、科学物質が入っててもそう名前をつける事に、イケないと規制もないのです





アレルギー体質でもないし

 

ダイジョブな、方も、アレルギーは

      誰にでも出ることもあるものです。

      

 

化学物質の身体に良くないてことは

毛を染めれば常に危険ではあります。


アレルギーだけで言えば、どんなものを使用しても

 

いくら植物だからって、花粉症があるように

 

アレルギーなし100%安心!とは

 

行きませんが

 

ジアミン系毛染めは。。。こわいですね。

 

アレルギーのお話は、本当です。いつなるかは誰にでもあるリスクです。。。

 

経皮毒についてのお話をたまに聴きます

 

シャンプーが、子宮に蓄積される話とか

 

経皮毒という言葉をもちいて不安をあおって

る感じがあって

 

ただ、そんな話もあるらしい、で

 

絶対そうなんだから!とは私はお医者さんじゃないし、子宮の中のシャンプーの

ニオイかいだこともないの

でわからないところであります(^-^;

 

が、実際に一部、科学成分の色素で

発がん性がある事がわかり

 

長期的な接触により

 

スカーフなどの、肌にふれる

色素が濃度により、実際に

使用禁止となった科学染料成分もあります

 

特定芳香族アミン(何種類もあるようです)

というのが、

膀胱癌のリスクになる事が認められています。

 

 

経皮毒の言葉のように

皮膚から吸収されると

諸外国での調査があり

発がんリスクが許容できないと判断されたようです。

随分前の話し

 

や、化学物質の揮発する匂いから

気分が悪くなるようなことは

ありますよね。

 

白髪染め、ジアミンや、科学成分も

肌につけ繰り返し使用する事になるため

濃度や頻度の事は、わかりませんが


ホルムアルデヒドのとの話もあります

 

考えるところでもあります。


経皮毒の本もでていれば


経皮毒なんてウソの科学て本もあり

実際はどうだかわかりません。


ネズミで、実験はがん細胞が増えたとかも

きいたことありますが


人間となると

遺伝子細胞、食生活、生活パターンとかも

人それぞれなので

仮に繰り返して白髪染めしてた人が

ガンになった一人が多くても


食生活のせいかもしれないし

ストレスのせいかもしれないし

だから、

わからないです。

 


 

ふんわりとにも

 

アルカリ性白髪染め

ノンジアミンカラー

漢方カラー

は、科学染料がふくまれています


体に悪いのではないかと

気にしながら塗るのはあまり

メンタルにも良くないので


ご希望の方には

 

頭皮にベタ塗りをさけて

染める

 

や、

 

科学染料から、植物白髪染めにかえたり

 

併用で

 

アレルギーや、頭皮、体へのダメージを

考えて髪を綺麗にする事を選択肢にいれるのは

お客様が選択できます。


頭皮になるべくつけない染め方を繰り返している事で、


今まで、繰り返していた、毛染めの影響からの


アレルギーや、


薄毛や、細毛、ぺちゃんこの髪が改善されてきます。

 

パッチテスト、対応していますご相談下さい。


ただ、ピリピリする、ヒリヒリ頭皮が痛い、しみる、においで気分が悪くなる

免疫が弱い

体がだるい

持病がある

(お医者さんに毛染めしていいか聞いて下さい)

(腎臓が弱い出血しやすい、紫斑がでやすい

肝臓が弱い

血液疾患の既往歴の方、妊娠中、等

はやめたほうが良いことはホームカラー

美容室カラーの毛染めの説明書に書いてあるんです

ホームカラーの方

見てみて下さい。)


化学物質のアレルギーがある

 

のをストレスに感じて染めるのは

 心にもよくないので。

 

そんな方は白髪染めをヘナに変えて

毎月のストレスを避けるのは良いかと思います


毛染めや

ストレートパーマ、の薬品で

ガンや大病になる?!?

成分を見たら少しは不安になるかもしれません、成分で調べると、ちょっとびっくりな成分です。そこは、個人の感じ方だと思います


 

 

私も

アレルギー体質なため

 

化学物質白髪染めに

ひどくかぶれるまでは

まだないですが

ピリピリしたり


だるくなったり

においできもちわるくなったり

まぶたが腫れる時があります^^;

 

美容師の先生の中にもアレルギー症状に悩まされる先輩をみたり

 

毛染めの成分にある、あまり良くない成分も配合されていて、わざわざ体に塗る事ないかと思い

アルカリカラー白髪染めは

やめ

植物ヘナ・ハーブカラーで

ストレスが減りました(^^)

髪もふわっとしますし

髪も傷まなくなりました!


ふんわりとには

半、自然派の方や


ケミカルは気にしない方も両方見えます!

私めた、ケミカルなおしゃれにもファッション性を楽しめる、

メリットはあるとは、思うので


毛染め、パーマなんて、毒ですよ。

と、までは言いません

 

      そんな、頭につけたって


ガンなんかなるわけない!

大丈夫気にしない。


て方もいますので

お客様が選ぶ事ができます!


ただ、髪を傷めたくない

髪を大切にしたい!


頭皮は大切にしたい!

のは皆さんあります。


ので、その人それぞれ大切にしたい所により

メニュー決めたら良いのかなと思います。





私、植物ヘナ・ハーブカラーで

白髪そめていますが


ガンになる?!

と、気にしているというより


普通の白髪染めだと感作といって、

軽いアレルギー症状があるので、そのうち

なりそうと思いなるべくさけてます




植物ヘナに切り替えるタイミングから

アレルギーがやや軽くなって


髪も傷まないのがとても気にいっています😄

抜毛も減りました!




最後に


▲白髪染めはアレルギーの報告が多く出ている


▲毛染めに含まれる科学染料で、ガン細胞が増えたとの、研究を行ったと他国や、日本でもあるらしい、ネット上にものっていたりします


▲髪の色素を抜いて色を着色する、髪や頭皮のダメージはなしではない


▲毛染め材の成分、パーマ液は

農薬程に

経口摂取は危険なもの

飲んだり食べたりはしないですが


育毛剤などで、頭に、ふりかけて使用するもので、副作用がおきる事もあるようなので


毛染めも頭皮に、直接つけて

ピリピリしみたりする場合肌が弱っている

弱った肌は、バリア機能が弱く

皮膚への浸透を妨げる力が少ない



ただ、禁止されているわけではない

○○を食べたら、○○を飲んだらガンになる

と言われてる物は色々あります

気にする方


気にしない方は個人の判断により

行うようや、やめておく、な感じだと思います


が、妊娠中、授乳中の方へは

ふんわりとでは科学染料では染める、パーマをかける、ストレートも

お断りする事にしました