ヘナで傷んだ髪が直るのですか?


トリートメントをしても、なおらない髪、100%植物のヘナなら、


なおりますか?

 

一度傷んだ髪は


トリートメントをしてもなおるという、

事はありません。


傷んでないように見せることはできます。


なので、トリートメントが取れれたら、また元の髪に戻りますよね。。。


 

 

でも、ヘナを使用して白髪染めした場合、

髪はいたみません!!

 

普通の白髪染めの、原理は

 

地毛の色をぬいて、白髪の部分と極力同じ色にできる、仕組みで

 

明るいオシャレ染のように、白髪を染めることができます!

 

その、色を抜く事が髪を傷ませるので

ヘナを使用して染めれば

 

毛染めする、部分の傷む

原因を取り除けます

 

し、科学染料で

少し明るくもしたい場合も

新しい毛の部分に

ワンダメージですみますが

 

普通の白髪染めや、オシャレ染の場合

退色した部分に、また、色をいれるのに

また、ダメージ与えながら

色を入れると、さらにいたみます。


(そうじゃないトリートメントカラーで対応て事もできますが、色落ちが少々はやいです)

 

そして傷んでしまった髪に、

日常の生活からさらに髪は傷み続けます

 

せっかくのロングヘアーも、伸ばしてはみた者の、キレイになるつもりが

バサバサで、汚く見えてしまうことになります

 

 

ヘナは続けて使用していると髪や地肌を

元気にします

新しい毛は良い状態の毛!!

 

ヘナをすると、シャンプーも

洗浄力の強すぎない物を

気をつけて、使う事が多いし

 

不思議と、普段の生活の中でも髪や地肌に

に、ダメージを与えなくなるので

 

良い状態の毛でいられます!

 

だから、ヘナ・ハーブはつづける事に

意味があります。

 

 

新しく生えた、ヘナで染めたヘナ毛

 

ヘナのサラサラ成分が付いている上に

白髪を染めても、傷まないので

 

艶が出て、くせ毛もおちついて

美しい、髪を手に入れる事ができます

 

 

 

 


では、ヘナをすれば傷んだ髪が治るの?

 

ヘナって、傷んだ髪が治るんですよね?って聞かれることがあります。




 

し、傷んだ髪がなおると、


言ってヘナをまとめ買いで売っている場合もあります。


(ふんわりとのヘナは、一部に噂されるネットワーク販売のと違うのでご安心を!)

 

 

が!!そこは|д゚)

 

傷んだ髪は、治りません。治るという表現は、ん?です


 

髪は爪と同じ細胞で、伸びてますが生えている部分は傷ついたら、再生しない、

 

爪って、先っぽ掛けたら、形もとに戻らないですよね!

 

て、感じで、髪も、伸びていても、傷ついたら、元には戻りません。

 

なので、傷んだ部分の髪は、


残念ながら、

ヘナをしても治るという

表現はちがいます

 

でも、続きあります。ので、下まで読んで下さい!☺

          ▼

 

      

傷んだ髪は、基本なおらないので、切るしかないんです。。。が

 

ヘナをしたら、1回で、サラサラに、なった、ふわっとなった、て方もいます。

 

中には、最初は

きしむと感じる方もいます。


今まで、そもそも

傷んでいて、シリコンなどで

ごまかされていた髪は


最初はシリコンがとれて

きしむと、感じます


ヘナは、天然の成分が

髪のキューティクルにつき



 

繰り返すと、傷んだ部分も



落ち着いてばさつきが抑えられることがありますし、確かにサラサラになります

 

くせ毛もいつもより落ち着いてきます

 

以前より落ち着いて

縮毛矯正をやめていく方もいます

 

傷み過ぎた髪はまず、金髪の様に色が抜けた状態で、黄色っぽくバサバサしていると

傷みは特に激しく見えます

 

が、ヘナはオレンジ系の深みがある色で、

ハーブを使用すると茶色に落ち着き

重みがでて、髪につやも出ます。

 

ですが1番は繰り返すことに、意味があります。


1回だけでなく

白髪の部分だけでなく


色の調整や

トリートメント効果をねらうため


毎回毛先まで

ハーブカラーをします。



 

 

      ヘナで傷んだ髪が 治るという、


表現とは、違いますが

 

傷んだ部分も、ヘナの中のサラサラ

成分で落ち着きますし

 

過剰なサロントリートメントと違い

 

余計に傷んむって事がなく

 

続ければ、

 

美しい髪になっていきます(^ ^)


ヘナ、ハーブで、白髪染めをすれば

 

髪が傷まずに、

 

♦ぼよぼよっと、した毛

 

♦乾燥する毛

 

♦広がる毛

 

も落ち着いて、天然100%の

 

トリートメント×白髪染めなのです。

 

ヘナに含まれる

 

ナフトキリンて、いう

 

成分でサラサラになります(^ ^)

 

透明のヘナとよばれる

アワル、ヘナの成分と違いますが

 

髪のキューティクルを引き締めれるので

 

髪のキューティクル開いたまんまでは、傷みやすいし、ガサガサします

 

で、ふんわりとでは、髪に良い植物由来のオイルも使います

キューティクルが引き締まれば

 

サラサラ、つるつる、に(^ ^)

 

ビニールのようなコーティングと違って 

自然なさら、ツヤに♪

 

 

傷んでしまった髪、

もう、傷むのは嫌


50代、60代、70代まで

  年齢を重ねても、

美しい髪でいたい

 

染める時のピリピリ、

しみるはもう嫌。。


頭皮大丈夫かしら?

 

白髪染めのストレスから

 

解放される

 

100%植物ヘナ、ハーブカラー。

 

 

 

 

 

 


ヘナ、ハーブカラーは続ける事で


今ある傷んだ毛には


ツヤ、さら効果


紫外線や、熱から髪をまもり


もちろん、傷んでいない新しい髪の毛も


熱、紫外線、摩擦の

傷みから

髪を守ります!


くせ毛や、すでに

傷んでいる方は

3週間〜月に一度が1番オススメ!


クセも、痛みも

悩みはないけど

白髪と、傷まないための


トリートメントとしてなら


1ヶ月半や、長くても

2ヶ月に一度は


ヘナ

ハーブカラーを毛先までするのが

オススメです(^^)


ただ、髪が痛むことに悩んでいる多くの方は



自宅での髪の、扱い方が、自己流で

毎日の積み重ねで

痛みが激しくなっています。


ドライヤーの使い方

シャンプーの仕方

シャンプー選び

オイルをベタベタ塗る


髪を傷ませないヘナ・ハーブカラーをしても


自分での手入れは、やはり基本的なところ!



白髪染めを

ヘナ・ハーブカラーに変えるをきっかけに


自分でも、簡単な事に気をつける事


今までしていた、間違いを

変えたら


ツヤツヤの髪になっていきます(^^)


植物ヘナ・する事で、お客様と、一緒に


髪をキレイにしていけたらと思います。