頭皮や体の事を考えて髪を明るくする


岡崎市にあるかしきり美容室ふんわりとです

 

ふんわりとには

 

体の事を考えて、ケミカルな事を

 

少しずつ避けている生活をしているお客様も中にはいます

 

理由は人それぞれですが

 

ケミカルな事を避けるとなると

 

やはり

 

パーマや、毛染めは思い切りケミカルなので。。。。

 

いったんはやめたけど

 

パーマはやらなくてもいいと感じても

 

髪を元々茶色くしていた方は

 

黒髪(自分の髪色)が伸びてきて半年ほどたつと

 

やはり、明るい髪色にしたい!!

 

けど。。。

 

頭皮や、体にも良くなさそうな毛染めをするのにていこうがあって。。。

 

植物のヘナで髪をあかるくできないのかなぁ。。???

 

と、思うのです。皆さんそう思うのですが

 

植物100%ヘナは、

 

自分の髪色をぬくことが出来ないため

 

黒髪はhairマニュキアの様に、光にあたって何となくオレンジ?

 

ぐらいにしかな

りません。

 

しかし、少し髪色を明るくしたい、気分も暗くなる感じがするなら

 

明るくするのに頭皮に薬剤をつけないように明るくするなら、ま、いいっか!となるかたもいます

 

 

 


でも、明るくするのに、また、思いっきり茶髪にすると

 

また、プリンの状態が早く気になって

 

小まめに染めないと

 

見た目があんまりよくない状態になります。。

 

そんな方にはホイルワークと言って

 

ところどころ髪色を明るくし

 

たり

 

全部同じ茶髪にするのではなく

 

毛先の明るさよりも、頭皮に近い根元の明るさにグラデーションを付けて

 

そうなるとプリンの状態も引っ張れます


髪を茶色く染めるのをしばらくやめていたけど、また、茶色にしたいけど

頻繁に染めたくない

でも明るくしたい。

毛先は赤みが強く出ていたので

植物ハーブカラーで
赤みを抑えて

根本の黒髪部分は

ホイルワークというやり方で、
すじにほんのり明るくしました

パラフェニレンジアミン入の薬剤は使わずに

根本には薬剤をつけずに。

自然な茶色に。
 
思い切り、明るくしてしまえば

また、すぐ気になってしまいます。

ケミカルを避けていることも考えて

なるべく期間を伸ばせるように
です。

頭皮に薬剤をつけてないぶん

ストレスも、頭皮へのダメージもなく

茶色い髪色を楽しめるのがメリットです(^^)

とか、、スジにしてから、白髪もチラホラあるので、植物ハーブカラーで染めてみたり


頭皮にはケミカル薬剤をつけずに。




とか、

白髪はまだチラホラ
元もとは、明るい白髪染めだったけど

アレルギーリスク、髪が傷むのも考えて

根本が伸びてくるたび
植物ヘナだけで染めていたけど

1年くらいしたら

黒髪の部分が多くなり

また、少し明るくしたいなぁー

と、なったら

1度、ノンジアミンで

ほんのり明るい毛染め

で、また、次から

根本植物ヘナ
毛先ハーブケアで

髪や頭皮を、大切にしながら

て、事もできます



こうが良い!


てな、決まりがあるわけではなく


お客様の大切にしたい考えや


好みを考えて


完全ケミカルNOでもなく


髪色を少し楽しむのも良いです。^_^


繰り返し根本にケミカルをつけていると


時に抜毛が多く気になる事もあるので


頭皮にやさしいホイルワークオススメです


で、激しく茶髪よりも、ほんのり茶色くらいが良いのかなぁって思います!