おしゃれ染めから白髪がちらほら、ヘナ・ハーブカラーに変えたい時


のぞいてくださってありがとうございます!

 

ふんわりとには、白髪がちらほら出てきて、白髪染めを始めようと!いうお客様の他には

今までおしゃれ染めで

 

明るめカラーを、楽しんでいたけれど

 

これから、白髪を染めるのに白髪染めに変えたいけど、あまり、頭皮や、髪にダメージを与えたくないと考えるお客様が、見えます。

 

そんなお客様の多くは、おしゃれ染めの時は

 

アッシュ系や、ピンク系、ゴールド系などと、茶髪のなかの、色味を楽しんでいた

ので、白髪染めに、しても、出来れば少し明るめで染めたい!

 

でも、白髪染めでも、おしゃれな色味が楽しめるのは良いけれど

 

頭皮と髪の事を思うと100%植物本物のヘナ・ハーブカラーにも興味がある。

 

でもでも、ヘナにしたら、

 

赤い?黒い?オレンジ?

 

それは、なんか、、、髪や頭皮に良くても

でもでもと、悩んでふんわりとに!

 

だけど、白髪は増えていく、一生、染め続けて大丈夫かな。。

髪がバサバサになるかな。。。

 

(>_<)

 

普通の色味を楽しめる白髪染めでも、

技術を、ちゃんとすれば、そんなにむちゃくちゃ傷むことはないとは思います

 

頭皮にも、ふんわりとでは外して染めることができます!

 

が!

 

正直0ダメージではないんです


そんなときにお勧めなのが!

 

ふんわりとのホイルワーク、

ケミカル少々とヘナ・ハーブトリートメント染め!

 

 

私と同じ世代のお客様ですが、つやつやの髪です♪

 

*写真は上のアルミホイールで包んでいるのは、写真とり忘れにて

美容用ウイッグで再現したもの(^-^;

 

おしゃれ染めから、まずヘナに移行する時気になるのは

 

頭頂部当たりの、プリン状態。白髪がまだ、少ないと余計に黒い部分は多いので

 

ヘナ・ハーブだけでは、地毛を明るく色を抜くことができないため

 

白髪に色が入っても、すぐに、ヘナ・ハーブだけですと、プリンが目立ってきます。

 

毛先の明るい部分を暗くしてもOK!な場合でも、かなり明るい場合は

 

一度にヘナ・ハーブで暗くしようとすると、思ったより暗くなっちゃったり

 

急に暗くすると、自分での目が慣れないので、少々抵抗があったりします。

 

て、時に

 

筋状に、頭頂部や、横のあたりを、ケミカル系(この場合ノンジアミンにしています)

おしゃれ染めで、明るくして(その方の白髪の長や、全体のバランスを見ます)

 

そのあと、100%植物ヘナ・ハーブで、赤みを抑えて

染めていきます。ヘナ・ハーブは、頭皮ケアや、トリートメント効果もあるので、

安心ですね☺

 

 

出来上がりは、プリンから、筋状に明るく、実はその中には白髪がちらほらあるけれど

 

白髪にはヘナ・ハーブカラーで色もついて、髪をかき上げると

 

今までの1色カラーの、プリン脱出して

 

なじみました!

 

 

こうする事のメリットは

 

✩ 次なるプリンの時は、筋状に明るいので、今までより、気になる期間が遅くなります!

 

✩ 染めるたびに、様子を見て、白髪の量に合わせて、毛先を暗くして行っても

伸びていけば、全体に、筋にして明るくしつつを楽しめます

 

✩ 単色白髪染めより、立体感がでます

 

✩ 筋状にケミカルなので、それほどダメージは感じませんし

毎回、ヘナ・ハーブでトリートメント効果があるのでツヤ、さらです☺

 

✩白髪が今後増えていったら、ケミカル筋状をやめても

赤みをおさえた、ヘナ・ハーブに変えていけます!

 

✩いずれ続ける事で頭皮も・髪も元気になります( ◠‿◠ ) 

 

 

ヘナ・ハーブを取り入れるようになって、

 

髪がサラサラ、ハリがでるようになったみたいと喜んで頂けました♪

 

 


美容室なので、せっかくの髪や、頭皮が元気になる、100%植物のヘナ・ハーブ!

 

そんなの、ヘナ・ハーブ植物100%と言いながら。。。

 

ケミカル使ってるの??

 

で、嫌、それでは意味がない!という場合は、ヘナ・ハーブだけを使い

 

ヘナ・ハーブのデメリットが何とかなるなら、髪や、頭皮にやさしいなら、

 

取り入れて、白髪を隠したい!

 

と、お客様の、希望や、考えに合わせて

 

でも、基本は、髪を傷めないように、キレイな髪や、頭皮でいられて

 

髪のストレスから解放されるよう考えての

 

おしゃれ染めから、白髪染めへの、ヘナ・ハーブへの移行を提案しています!

 


おしゃれ染めから、白髪染めを、ヘナ・ハーブですこしづつ髪をきれいに♪