ヘナ、ハーブカラーでも明るめの髪がいい


白髪を、ヘナ・ハーブカラーで染めるのに

デメリットは

 

髪の色を抜く作用はないので

 

今まで茶髪にしていた方は

 

まだ白髪が少ないと

 

髪が暗くなる。。。

 

白髪はちらほらあっても

 

まだ、黒い部分もある!

 

で、ヘナ・ハーブカラーで染めていたら、黒髪、髪が暗くなって

 

がきになって

 

鏡を見たら、なんか、気分も暗くなって。。

 

やっぱり、髪は明るめがいい!

 

プリンになってきた、場合は黒髪の部分を

 

一度、ノンジアミンの、おしゃれ染めで、やや明るくし

 

そこへ、ヘナ・ハーブで白髪に色を入れていくと

 

自然な茶髪のような、髪に!

 

白髪も隠れて、髪も明るく!

 

ヘナ・ハーブだから、ダメージどころか、トリートメント、効果ばっちり!の

 

天使の輪!

 

ツヤのある髪に。

頭皮もふわっとします。( ◠‿◠ ) 

 

美容室なので、、ケミカルな薬剤で

 

黒の比率が増えてきたら、ごくたまに色の調整をする方もいます!

 

もちろんお客様と相談をして決めています!

 

白髪が多いと、植物ヘナ・ハーブカラーでも

少し明るめに仕上げることも可能ですが

 

白髪が少なく、自分の髪色が黒髪の場合は

 

ヘナ・ハーブだけでは髪色は明るく抜くことが出来ないので、希望なら、ケミカルと組み合わせ楽しむことも可能です!

 

 

ただし、自分でヘナしてた、じぶんで毛染めしてた

 

美容室ではないヘナサロンで、ヘナ染めをしていた方は

 

ムラ染めになったりしているのでできない場合があります

 

 

ふんわりとには

 

完全植物100%ヘナ・ハーブカラーでケミカルNO!

 

の方は多いですが

 

ヘナは好きだけれど、明るくできないのが嫌でヘナをやめていた方も

 

少し、たまに明るい髪色を楽しむ派のかたもいます!