白髪染めのアレルギーは誰でもなるの?


白髪染めのアレルギー、が出てしまうと

 

また同じ白髪染めで、2度と染めることはできませんし

 

軽い気持ちでまた染めると、危険なのです。

 

 

白髪染めのアレルギー、ジアミンアレルギーといいます

 

のは検索すると、どのように恐ろしいのかは

出てきます。

 

 

 

厚生労働省でも、毛染めのアレルギーに気を付けましょう、呼びかけが出ています。

 

 


体のアレルギーの容量が

 

コップだとします

 

色々なアレルギーはありますが

 

最初はからで空いていても大丈夫でも


繰り返し、アレルギー物質が体に、ついて、

 

空だったコップにアレルギー物質が少しずつ

 

たまっていきます

 

 


あるとき、その要領に限界がきて

 

満タンになり

 

体が、守ろうと

 

アレルギー反応をおこします

 

体がアレルギーを出すのは

 

もうこれ以上やめて!耐えられない。。。

と限界の印です。

 

 

 


でも、これには個人差があり、

 

いつ、満タンになるのかもわからない

 

ならない人もいるけれど、

 

アレルギーがでてしまったら、二度と染めることは

できません。

 

自分は丈夫だし、大丈夫!

 

ちょっとぐらい、しみるのも、かゆいのも我慢ガマンと続けていたら

 

ある日、1か月以上も外に出られないほどに、顔がはれて膿を持つ症状に

 

それは、残念ながら、誰にでもあるリスクなんです。

 


ジアミンの白髪染めで髪を染めたら、おしゃれに、20分前後で、手軽に

しっかりと髪色を楽しむことが出来たり、色持ちが良かったり安かったり

 

メリットがあり、

 

ドラッグストアーでも売っていますし、美容院でも、使っています。

 

石油合成の化学物質です。

 

ジアミンは、アレルギーを引き起こすアレルゲン物質で、hairカラーをして

 

なんか、かゆい、ピリピリする、においでき気持ち悪い、頭皮の皮がむける、頭痛、倦怠感など

を、染めた時や、染めてすぐ出なくても数日後、数日かんじるな~

 

、でも、白髪染めなきゃ、と、繰り返しているうちに、ひどく顔がはれたり、膿をもったり

ひどい時には、アナフラキーショックで、呼吸困難の可能性もあります。

 

病院へ行かずにはいられない状態に。

 

そんなことから、病中、病後は避けるようにとも、書いてあります。

 

 


この化学物質のジアミン、調べると

アレルギーだけでなく

毒性の事も書いてあったりします

 

ネズミでの実験からジアミンを皮膚につけてがん細胞が増殖したなどと

言っている発表もあったり

 

海外の一部では、ジアミンは禁止になっている国もあるようです。

 

白髪染めは、繰り返し使用し、体に触れるものなので、

 

体に、気を付けたい、少しずつ、食べ物、体につけるものは

自然なものに変えている、

病気を経験した、免疫が弱い体質

アレルギー体質

 

すでに毛染めや、パーマ液で、ピリピリしみたり、気分が悪くなったという経験がある

 

そんな方も、気になる方、

 

お客様が希望する場合は、ジアミンを含まない

 

植物100%、ヘナ・ハーブカラー

 

アレルギーリスクを避けたい方

 

パラフェニレンジアミンが配合されていないを用意しています。

 

 

 

植物と言っても、心配な方にはパッチテストももちろん可能です!

 

ご予約日の、48時間以上前にも予約を入れ無料パッチテストをご利用ください!