白髪が、多い髪を傷めたくない方に漢方カラー岡崎市美容室より


岡崎市のプライベートかしきり美容室
ふんわりとの美容師かず美です(^^)

漢方カラーってあるけと、
漢方で色をつけるのですか?



とか、植物ヘナと
どう違うの?

と、質問を受けます。

ふんわりとでも、
漢方カラーで染めている方もいます


漢方カラーは、
地毛の色は抜く薬剤は混ぜないので
髪は傷みません!


小麦粉ベースに、髪に良いと言われる


漢方が配合されています。



が、髪に漢方で色をつけるわけではなく

ジアミン、(科学染料)が入っているので


ジアミンアレルギー小麦アレルギーの方は

出来ません(+_+)



ヘナは、植物で色をつける事になりますが
漢方カラーは植物で色をつけるわけではないです


漢方カラーって


名前が、間際らしいですが^^;


香草カラー

和漢カラー

などのような感じです


アルカリ白髪染めが一般的ですがアルカリ白髪染めに使われる

髪の色素を抜く

薬液を使用しません


その、お陰で傷ませることがありません。





染めている方は


◆頭皮がピリピリしない


◆しっかり白髪に色が入るから良い
白髪が黒髪よりも多い方にはオススメ


◆ヘナより時間がかからない
放置時間は普通の毛染めと同じ


◆髪がパサパサしなくなった

◆白髪根本には漢方カラーダークブラウン
毛先はヘナでトリートメントでサラサラ

 

で、良かった!との事です(^^)


白髪率がかなり、多い


従来の白髪染めのように

置き時間は20分くらいにしてほしい。

大切な髪を

傷めたくない


白髪多めで

パーマや、ストレートパーマもかけていて

傷みやすい


そんな方に

      人気のカラーです。(^^)


漢方カラーの事
    ▼

https://www.funwarito.info/2017/02/03/aromaカラーは髪にやさしい/