女性型脱毛症(女性の男性型脱毛症)かもしれない?


脱毛症には

いくつか
種類がありますが

その中の1つに

女性の脱毛症の中に

男性脱毛症に似たような症状がでるものがあります。

特に閉経期以降の女性にみられたのですが

近年では

40歳前後にも症状が出る方も
見えます。

男性脱毛症とは
少し違い

頭頂部を中心に毛の数が減り

細くなります

髪の分け目を中心に
びまん性に薄くなる事もあります。

男性のような
Mや、Oの形とも違います




女性も


40歳頃から


女性ホルモンの

分泌が少しづつ減り


男性ホルモンとのバランスが崩れて


頭頂部の毛の本数が減りほそくなり。


人により

極端に


薄毛になる場合があります。


特に年齢とともに



女性の薄毛、脱毛は、

前頭部(前髪)が、後退したり


全体が薄くなったり


伸びが遅いことが起きたり


加齢した毛になり


もしゃもしゃとチリついたり


毛の本数が少ない

密度が減るが見られます








さてそうなったら


育毛剤を使う?

そう思う方が多いと思います



女性の脱毛、薄毛

理由はホルモンバランスのほかに様々な事が考えられます



病院で処方されるような

医薬品の



育毛剤は効果が見られることは

あったとしても


育毛剤だけに頼っても


原因を探り


改善しなければ


育毛剤をやめれば

もとに戻ったり


効果も見られない


状態の方もみえます


若い頃の髪に

戻りたい


加齢もあり

ホルモンの減少は避けられない為


少しは仕方ない

としても


頭皮や

髪の成長に悪影響なことは取り除いていくほうが良いです。


ホルモンバランスの他

色んな

理由があります。


良かれと信じてしている事や


使っているもの


外的要因

内的要因


からひどくなることもあるため


頭皮を傷める

髪の成長に良くないことは

避けたほうが良いです









その中でまずは


若い頃の体や頭皮とは違い


老化はあるため


まずは、そんな弱い髪や頭皮に


ダメージを与える事は辞め


まずは足すことより取り除いて


基本的な習慣をかえて


気長に変えていけば


理由がみつかり


薄毛の加速も食い止め


ふわっと少しずつ変わり

新しい髪が元気になり

ます。


積み重ねや年月をかけて


なってしまた

薄毛です、ホルモンバランスの減少もありますから


即日ふさふさとは

なかなか病院でも

ならないです。


髪や肌に良い事は


体にも良いです


体に良いことなんて


すごく気をつけてる。。。

オーガニックにこだわっている


そういう、事でもありません



薄毛なは

遺伝的な要因もありますが


まずは

白髪があるなら


美容室や自分で傷めない白髪染め、ダメージを抑えるは

基本的な事


頭皮が良くないなら




その上で


頭皮や髪の状態を見ながら


原因を探して


今までの例など参考に


少しでも良い状態に

変わっていけたら良いのかと思います


病院ではないので


治療とは違います



頭皮や

髪の状態を毎回見て


カット

や、白髪染めなど

(ヘナや漢方カラー)


しながら


お客様も簡単にできる事を少しづつ、変えていくと


抜け毛が減った


どうなる事かと思ったけど

良くなった!


理由がわかって

気をつける事ができた


良いと聞いて必死になってたけど


まずかったことだったなんて


髪だけでなく

気持ちや体調も軽くなった


髪や頭皮の大切さを実感した



ゆったり


頭皮や髪や身体の事大切に

していける


お手伝いは


美容室なりに

お手伝いできたらなと


思います。


白髪染めは、

植物100%ヘナ、ハーブ

漢方カラーで

頭皮を傷めず

行なえます!