前髪が薄い、伸びない、頭皮が透けて見える、抜け毛が多い悩み


前髪が、薄くなったように感じたり、

 

前髪が伸びてない気がする

 

前髪や、前から見た時の、上の髪の

 

ボリュームが減った

 

頭皮が透けて見えるようになった


分け目が太くなった

 

髪がチリチリしてきた

(くせ毛になったと感じる)

 

髪がペタンコになる


抜毛が多くて心配


髪が細くなった

 

と、悩む女性が40代、50代ごろの白髪世代に

わりといます

 

 

 

 


そんな時、考えられるのは

何個かあります。

 

当てはまるなーと、思ったら、

まず改善していくといいと思います

 

♦女性ホルモンが正常に働いていない

 

♦いつも同じ場所で髪を分けている

 

♦いつも同じ場所で髪を結ぶ

強くしばる

 

♦ブラッシングの仕方が悪い

 

♦ドライヤーの熱の影響(ドライやの使い方が間違っている)

 

♦毛染め、パーマ、縮毛矯正、ストレートパーマなどの繰り返すケミカル薬品で頭皮にダメージ

パーマや染めるときしみるのに繰り返す

 

♦シャンプー剤、シャンプーのやり方が悪い、こすって洗う

 

♦シャンプー、洗浄力が強すぎる

 

♦トリートメント、リンスが頭皮に残っている、シャンプーすすぎ残し

 

♦ストレスが多い生活

 

♦食生活に偏りがある

糖質が多い、糖化現象、

脂質が多い

ジャンクフード頻度が多い

 

♦タンパク質、その他栄養が足りない

タンパク質は1日の必要量をいっぺんにとっても1回の吸収量ではないようです。1日のうちに何回かに

分けて摂取するのが良いようです

ビタミンが足りない

 

♦肉類を食べないなど、など

バランスが良くない

 

♦ダイエットで栄養が足りない

 

 

♦頭皮の血流が悪い

 

♦紫外線対策をしていない

(帽子や、日傘)

 

♦睡眠などの基本的な生活が乱れている

♦自律神経の乱れ

 

♦酸化しやすいオイルを頭皮につけている

 

♦肩コリ、首コリ、頭コリ、目のコリ

 

♦冷え性

 

♦頭皮、髪が濡れたまま、ドライヤーをかけないでムレている

 

♦オイルマッサージなどで、強く押しすぎや、こすりすぎ、オイルが残ったまま

 

♦運動量に、タンパク質が

おいつかない食事

 

♦血圧、コレステロール値が高い

 

♦貧血

 

♦ドライヤーが頭皮に近い

温度が高めのドライヤー

 

♦湯しゃんがうまくいってなくて頭皮に汚れがたまっている

皮膚炎

 

♦薬害、普段何気なく服用している、お薬だったりする事が。。。

 

♦夏の疲れが秋に

 

♦更年期障害

 

♦加齢による頭皮のたるみなど


♦甲状腺の病がある。甲状腺機能低下


♦セレン過剰摂取


など。

当てはまることは避けられる事は避けた方が良いです


ホルモンのバランスから、女性型男性脱毛症(FAGA)

というものがあります。

 

前髪のあたりが、何ヶ月も、たっても

薄く、ほぼ長さが、伸びてない

ような時、もしかしたらです。

 

あまり心配な場合は、育毛サロンなどへ行くより、専門の病院の方が良いかもしれません

      ただ、育毛剤の中には

副作用のある物もあり長期的に使用するのは

心配な事もあります

 

女性ホルモンのバランスのために

 

大豆イソフラボンを、サプリメントより食品からとりすぎない量を

バランスよく食べるようにするのも良い事だと思います。(取りすぎは絶対いけません)


〇〇が良いと言うのをTVなどで見て

良いからとそればかりを摂取する


のような事をしても

栄養には中には、上限を超えるといけない栄養素があったり


〇〇の中の〇〇が良くても

食品の中には違う栄養素も入っていて


今度は違う栄養素の取り過ぎもおき

ます。


そんな抜毛が増えた方を見ています


髪の抜毛とともに

爪は欠けやすかったり

デコボコしたり

栄養不足の場合もあります。



 

 

 

      髪の栄養といえば

 

亜鉛→牛肉、卵、牡蠣

 

ビタミンB6→鮭、マグロ、ブロッコリー

タンパク質→肉、魚介、卵、豆、乳製品

ビタミンB2→レバー、青魚、豆製品、乳製品

 

と、いっても

他の栄養も

 

バランス良く!

バランスはとても重要です!!

 

たんぱく質や、栄養が足りてない場合もあるようです


体重1キロあたり、1.2グラムが目安で

例えば50キロの体重なら60グラム

ぐらいを


一食にいっぺんにではなく

1日で

分けて取るほうが良いです


例えばササミを100グラム食べても100グラムがタンパク質ではありません。

ので、1度調べた方が良いですね!




ジムに行ったり

運動をしている場合はそれでは

足りません

ので、調べて

意識したほうが良いです


更年期ぐらいになると

体を気にして

運動をはじめたは良いけど

タンパク質や、他の栄養が足りなくて

肌や髪、爪がそだたないといけないので、より食事を意識しないといけないです。



 

 

糖質の取り過ぎは

糖化と言って、体の細胞の老化を早めるとも

言われています、肌や体の老化を加速すると言われているので、

注意です。

 

血圧やコレステロール値も

気をつけて血流が悪くならないようにしたほうが良いです


〇〇が良いからとそればっか食べるより必要な栄養を

バランス良くが1番大切なように思います




髪が薄くなると、さらに、ストレスにもなるので、

育毛剤よりまずは

 

自分で出来る

食生活や、シャンプーの仕方、

 

シャンプー選び、髪、頭皮の扱い方

 

毛染めや、パーマストレートや、縮毛矯正を繰り返しているの

頻度が多い

場合も要注意です

 

白髪の為の、カラートリートメント

髪は傷まないと言われていますが

 

中には色がつきやすくするための薬品で

繰り返し長期的に使えば

 

頭皮にダメージが考えられるものもあります。

頭皮は大切にしなければなりません

 

 

 

シャンプー、なるべく節約しようと

あまりなものを使うと

 

育毛で病院に通えばお金も結果かかってしまうので、気をつけて選びましょう!


毎日頭皮につくわけですから

成分配合ともにバランスの良いものでなければ

頭皮がやられます

髪もパサパサします


若い頃とは皮膚も違いますので

良いものも使った方が

髪に差が出ます

 

秋は抜毛が多くなる季節と言われています。

 

夏の疲れがでたり

 

夏に口当たりの良い食事をから

冷たいものばかりとか

 

そーめんとか単品食で

たんぱく質、ビタミンをあまりとるのをできなかったり

 

秋に抜毛はある事ですが

 

抜毛が多く感じたら

 

食事、生活など見直す良いキカイにすると良いと思います!!

 

 

 

規則正しい生活などから改善してみましょう!  頭皮大丈夫かな?→★

 

白髪染めをふんわりとのヘナにして

 

あ、良かった、このまま、加速するかと

心配していたけど、良かった^_^

て、方もいます!


ケミカルな白髪染めは頻度が多ければ

頭皮に負担強で要注意です

 

又は化学染料で染めても根元には薬剤を付けないようにしてダメージしないように

 

 

髪が薄くなる原因で、避けられるものは避けたほうが良いかと思います。

 

シャンプーもやさしい成分でやさしく洗うのが基本です!

 

年齢とともに

誰でも、髪は、老化から

 

毛はどうしても少なく細くなる

場合があります、

 

なるべく良くない事を取り除いて

 

 

薄毛が例えば老化で10から7になったけど、繰り返す白髪染めやパーマ、頭皮の扱いが悪い、食生活の乱れで、7で済むところが

5以下になってしまって

 

加速してしまう方は結構います

 

自宅での髪や頭皮の扱い

食べ物

使うもの

 

美容室、自宅での

薬液ダメージをさける

 

意識して気を付けることが

大切です

 

それらを改善する前に育毛剤をかけた所で、効果はいかせません。



育毛剤はかけはじめると

あまり効果を感じなくても


やめるのがこわくなり

やめられなくなる心理になる話もききます

 

お金の無駄遣いになっちゃいます

(+_+)

 

 

 

薬品からのダメージ

いくらボタニカルカラー

オーガニックカラーといっても

 

色をチェンジするようなカラー剤


着色が定置しやすい


は頻繁に繰り返せば頭皮への

ダメージは避けられません

 

白髪世代からは薄毛は多少あります

 

進まないように

 

加速が心配なら頭皮、身体も大切に考える事が

良い髪を生やす事に繋がります。

 

いくらオシャレな

アッシュ系とか

素敵なスタイルにしても

 

薄くなると、なかなか悩みは深くなります

 

 

そうなる前に頭皮大切に!




 



薄毛が心配で、ヘッドスパもリラックス効果など良いかもしれませんが

毎日の、ブラッシング(力を込めては×)

シャンプー前の習慣にしても

血流が良くなります!