髪を明るくしたい、ヘナを使い、石油合成薬剤は頭皮に付けなく岡崎ヘナの美容院で


自然派の方は

 

何らかの理由から

 

シャンプー頻度を減らしたり

 

なるべくケミカルを避けた生活に切り替えて行く事があります。ね!

 

で、そうなると

 

毛染め。

白髪はなく、

オシャレするために

 

髪色を明るくしていた場合

 

半年以上たって

 

プリンを通り越して

 

髪が黒くなってくると

 

やっぱり

 

明るくしたいと

なる方もいます。

 

でも、毛染め液を

頭皮につけるなんて

 

抵抗を感じる(。>﹏<。)

 

正直アレルギーでも

 

ない限り

 

一回で色んな薬害がでるとは

 

ないと思います

 

けど、

 

繰り返して染めていたら

 

髪が細くなったりの

 

可能性や、アレルギーの可能性や

毎回ケミカルを頭皮につける

ストレスを感じます^^;多分

 

また、人それぞれの考え方により、頭皮に石油合成薬品を付けることに、たぶん体に良くないに違いないと思い

抵抗を感じるという方もいます

 

 


最近では

毛先の方に向かい明るくするような染め方やデザインもありますから、それだと

根本には

ケミカルをつけなくて済みます

 

 

ヘナ染めでは

ヘアマニキュアのように

ほんのりオレンジぽくは

できても

髪質により

ほぼわかりません

 

明るくするは

やはりケミカルを使わないと

出来ないのです

 

あとは

暗い部分を

 

又、毛先と、同じように

 

明るくしてしまったら

 

すぐにプリンがきになり

すぐに染めたくなります

 

美容室側はそれでも良いですが

 

お客様にしたら

ケミカルを繰り返してつかう

ストレスがでます。

 

そんな時は

 

根本から毛先にグラデーションに

明るさを持たせ

 

ベタ塗りではなく

 

スジに髪を明るくしていく

ホイルワークという

技術で

根本につけず

 

ノンジアミンで

明るくしたら良い感じになります

 

 

ただやたら明るくするだけだと

 

月日がたてば

 

必ず毛先が明るくまだなり

下品な感じになりかねませんので

 

その感じも計算して

 

あとは

 

トリートメントと

毛先の退色を抑えるために

 

ヘナとインディゴを使い

 

おちつかせる事が可能です。

 

明るいカラーはどうしても月日が経つと

 

透明感があるカラーとか、おしゃれに染めても

自分が持つ色素の明るい茶髪になります。

 

 

それよりも

おさえぎみに明るくしたほうが

良いのかなと思います。

 

 

 


石油系の染料を頭皮に付けることなく、髪を明るくして


植物100%ハーブで

髪色と、トリートメントになります。


頭皮に付けないって

これは良いですねって

安心して頂けました!


あとは、繰り返して



茶髪をしていたら

なんか、髪が細くなってきて


頭皮が敏感になってきた(*_*;

から、一旦ケミカルを

やめる!


プリン部分をぼかしたい


毛先はもう明るくしなくて良いから。


しばらく頭皮ケアをしたい!


髪質により


ケミカルを使わずに


プリンをぼかせることがあります


写真は、やや、髪をとかす向きが違いますが


根本ヘナで毛先はハーブ

根本光に当たると明るくなって

ぼかせました


植物ヘナとハーブで頭皮ケアにもなります。


毛先はやはり色がぬけているので

退色が早い事もありますが


2、3日でまた深みが出ます。


ふんわりとで対応していないのは



自分で染めていた部分を明るくしてほしい場合です。


それが、ケミカルでなく


ヘナだったとしても


新生毛は明るくできても


一旦染めている場所や

一旦染めているように見えない


ヘナをした部分の毛は


もそも、自分でしていると

ムラになってヘナがついています


その状態で

色をぬくとムラになる可能性があります。^^;

なので対応してないです。