白髪染めやカラーは繰り返すと髪が細くなり白髪も増えてすぐ白髪が気になる??


白髪染めやカラーで髪は細くなり薄毛になる?

白髪染めを始め

 

繰り返して染めているうちに

 

なんか髪がペチャンコになるし

 

髪が前よりも細くなった気がして

 

抜毛も多いような。。。

 

若い頃とは違う

チリチリしたような毛があったり上や横が伸びが遅いような

気がする

 

年齢で仕方無いのかなぁ。

 

と、悩み

 

ハゲるかな?

て心配で

 

おもわず抜けた髪の毛を数えたくなってしまう。。

 

白髪染めや毛染めてやはり髪がボリューム無くなるかなあ。。。??

 

そう感じたら

危険信号です!

 

染めている時

染めた数日

痒かったりピリピリしていたり

 

頭皮がカサカサ

逆にベタつく

 

頭皮が赤い

黄色い

茶色い

ふけがやけに出る

 

 

髪や頭皮のの老化現象、傷みがきています。

 

でも自分では頭皮は見えないので

はじめてのご来店では

かなり要注意になっている方は多いです

特にかゆみがない人ともいます

 

 

毛染め説明書を見て

 

続けたら薄くなりますとは

書いてないですね^^;

 

でも

 

やはり普通に毛染めを小まめに繰り返していると

 

毛染めの成分に

 

それが、白髪染めでも、おしゃれ染めでも

やはり髪が細くなったり、抜け毛が増えたり

と感じている方が多くいます。

毛染めでそうなって来ることがあります。

 

白髪染めでは年齢的にもホルモンのバランスもあり

髪にこしがなくなり、細くなり、髪が少なくなることがあります

 

その時期と重なって

さらに薬品で頭皮を傷めたら

 

髪が薄くなり悩んで、薄毛外来に行ってみたら

石油合成系のカラー毛染めは使わないほうが良いよー、と

お医者様に言われた方もいます。

 

若い方でも明るくするカラーも繰り返していると

薬剤や技術により

え、若いのに薄くなった?

と自分で感じているかたも

多くなっています

 

長年美容師をしていて

 

見ていると、中にはもって生まれた細胞で

髪がいつまでも元気な方もいますが

 

そのような方でも

若い頃より

ボリュームがくなったよ。と

 

髪に元気のない方が

科学色素薬品で染めるのをやめて

数か月すると

 

髪にツヤが出たり、髪にこしが出たり、量が復活する

というのを見てきました。

 

白髪染めを繰り返すと

比率的には

髪が細くペチャンコになり抜け毛が多くなってしまう方が多いのはありますよ。。

 

市販品や、ネット販売の

気軽に染めららる

泡タイプや、1液、2液と混ぜるタイプ押すと二種類の薬剤が出て染めるタイプ、

美容室で染めるカラー

 

の中には

繰り返せば

そのような髪が細くなる原因の薬剤は使われているのは普通です。

 

シャンプーやリンス、トリートメントにもはいってたりします

 

 

 

 

で、かみや、頭皮の老化にお悩みの方

最初に見えた時は

 

頭皮があれています。

 

 

 

ので、やはり

 

化学染料で特に、髪を明るくしながら染めたり、黒よりに染めたり

普通に茶色ぽく明るくカラー

毛染めを繰り返し

薄くなります

 

ノンジアミン毛染めの意味を

髪が傷まないと考えて続けていたり、カラートリートメント系でも着色が良いのは、薬品の作用も強いため、頭皮を傷めて良い髪が生えてこなくなります

 

しカラートリートメント、ノンジアミンでも

頭皮にも影響が出るものもあります

 

髪が細くなります

 

ぺちゃつとつぶれやすくなったり

 

 

 

自分で染めてるのだけでなく

美容室でもです

 

 

 

 

おしゃれ染め、パーマ、ストレート、縮毛矯正でも繰り返してたら

髪が細くなっている方もいます

 

 

髪が、チリチリボヨボヨしてくる

ものが上や横に生えてくる

方もいます

 

抜毛が多くぺちゃんこ

髪はキューティクルがしっかりしたものが生えてこなくなるので

当然傷みやすくなります

 

 

まだ30代の方でも

 

カラー繰り返していたら

 

頭皮がカサカサと傷んでいたり

年齢のわりに髪に元気がない方もいます

 

前髪が伸びなかっつたり頭頂部が薄かったり。。。

 

白髪染めではなくおしゃれ染めなでも

 

いつか白髪染めに移行して長く染め続ける事を思うと

 

明るい髪色を楽しみたい場合

も、薬剤やてくにや

日頃のお手入れ、

頭皮の観察は大切です

 

 

 

白髪をとにかくかくしたいからと

 

頭皮にベタ塗りする事は

 

頭皮は、荒れて

 

薄毛、細毛、弱い毛になります。

または、材料によりあります

 

 

 

いくら、毛染め前に

オイルや保護クリームつけても

ダメージは避けられません

 

中には毛と毛の間が広くなり

 

毛穴がダメージをうけている方もいます。

 

白髪の髪の毛を、明るく繊細な色に染め、楽しむとか

 

白髪をそめたりは

でもやっぱり

 

華やかになって

楽しいですよね!

 

髪のツヤを大切にしたり

薄毛を加速しない事を優先しながら

カラーリング

白髪染めをしたほうが

 

歳を重ねてから

も髪の量も保てます。

 

 

 

     

 

髪が薄くなった40代からの微妙なお年頃、ちょっと

髪に行ってる事や

その他で

髪のボリュームに差が出ます

 

 

髪が伸びなくもなります

 

チリ付きが出る方もいます

 

 

 

ふんわりとで化学染料で染めている方の中には

頭皮には極力つけないという選択をする方もいます

 

また、明るくするするカラーも

白髪染めも

ほかサロンではなかなかない

材料を取り扱いしています

 

 

また、明るく染められる白髪染めや

オシャレ染め以外では

 

自然派の方に好まれる純国産の植物100%ヘナ・ハーブで染める方がいます。

 

科学薬剤でダメージをうけた頭皮からは良い髪が生えません

ヒョロヒョロしています

 

ふんわりとの植物100%ヘナ、ハーブや、明るく染められるカラーなど

 

で白髪染めなら頭皮や髪にダメージを与えずむしろトリートメント効果もあり

髪が、頭皮も元気になってきます!

 

 

頭皮を傷めつけながら

育毛剤をしていても

ヘッドスパしても

良いシャンプーにしても

効果はあらわれません

 

白髪世代から薄くなるより、髪にツヤも出て、髪がしっかりしコシがありバサバサではない事が

良いのかと思います

 

頭皮を大切にしたほうが髪にも良いですね!

 

白髪染めや

パーマ液

ストレートパーマ液

縮毛矯正液

 

顔にぬる気になれますか?

て、美容師にきいたら

皆、めちゃくちゃ嫌がります😅

 

 

 

頭皮も顔と同じ皮膚ですし、

 

当然顔より毛は太いですから、毛穴は大きいです

 

毛穴の中には

髪が作られる仕組みがあります

顔と同じ髪や頭皮に良いもの

テクニックを

 

使うのがやはり頭皮も髪も傷めません。

 

 

純国産植物100%ヘナ、インディゴ

インドのハーブの恵みや

その他

やさしい薬剤のカラーで

髪と頭皮に優しい白髪染めをして

 

 

シャンプーは頭皮にあったものにして、

食生活や生活を健康的な生活にし

育毛剤がいらなくなる方もいます^_^

 

 

 

ただの葉っぱの粉だけど頭にのせると、気持ちよさが違います

 

科学染料の材料でも

 

ピリピリしづらくて

お客様もうちの、カラーに変えると

なんか、今までしみてたみたいって

言う方が多いです

 

 

 

ふんわりとのヘナ白髪染めは

や、化学薬品でもカラー、白髪染め

自分でやるヘナや

自分でやる毛染め

友達ヘナとは違います

 

良質な物で

化学薬品が知らずに入ってることもありません。

 

 

が、やり方を間違うと

きれいになりません

自己流はやめて

 

美容師のテクニックを使いますのて任せてください!

 

 

 

 

 

その方の髪

 

好みにあった方法で

 

頭皮や髪を傷めないことを

考えて

 

植物ヘナにするか?

 

漢方カラーにするか?

 

やさしい明るくするカラーや

明るい白髪染めにするか?

 

カウンセリングして合うものをしたら良いと思います

 

繰り返す事で

今までのダメージも徐々に回復して

素敵な髪色まとまりの良い髪へと変化していきます。

 

私はサロンワークの他に

以前は福祉施設へ出張をしていました

 

そのときに

だいたいはじめて髪を施術させて頂くと

髪がパサパサ、

チリついて

出張美容をじめたばかりの時は

 

髪の艶やボリュームが、悪くなるのはは、歳を重ねると

仕方ないのかな。。。

と思いましたが

材料を厳選し

頭皮のダメージを

極力さけた

方法で

70代、80代の方でも

新しく生えてくる髪は

元気になり

 

ふわっとして

艶が出て

(もう、年のせいかと思ってたけど、あなたにやってもらうようになったら、髪が良くなったのよねえ)て

喜んでもらえることもあり

もちろんお客様も髪や頭皮を大切にしている結果でもあります

年齢は

少しはあっても

美容師とお客様で

気をつけていくと

髪は蘇ることがあると

実感しております^_^

 

 

 

 

薄毛なる悩みを加速しないように

お客様の髪がキレイに頭皮もイキイキが楽しみであります😊

 




白髪染めやカラーky理返しで白髪が増える?


白髪って、特に日本人は白髪が出てくると、老けて見えたり

清潔感がないように見えてしまう、周りの人は白髪は染めるものということもあり

白髪=嫌なもの=老ける=隠したいですよね

 

白髪の原因。。。

 

白髪が生える仕組み

 

髪は、頭皮の中にある(毛球部)というところで作られています。

 

その段階では、まだ色がついてないのです。

 

何らかの原因で髪に黒色の色素が定着せずに生えてしまうのが白髪。

 

ストレス

栄養不足

何らかの病気

薬の影響

睡眠不足

などなど

からの、頭皮の血行不足

老化現象

 

+遺伝

 

健康な生活をすることは大切です。2009年にアメリカの学会連合誌により

発表された研究報告の中に

 

(過酸化水素水の、蓄積が、白髪の原因となっている)

と、掲載されており話題となったようです過酸化水素とは、私たちが生活の中で使用されているのは

 

白髪染めや、ブリーチ、おしゃれ染め、昔見たことある消毒液のオキシドール、歯磨き粉、

 

消毒に使われたりと、良い面もありますし、濃度はしっかりと決められたものは使われています。

 

どこの美容室にもある白髪染め、おしゃれ染めの時、パーマ液の2液に使われることもあります

 

過酸化水素水も

もちろん決められた濃度までです。

が、使用しています。 でもこの、話題を耳にしたときに思ったのは

 

白髪染めをしていて、今まで皆さんいう事は

 

(なんか、白髪染めをしだしたら、白髪が増えた気がする!増えた速度が早まった)

と!

それを聞いたときは、いつも

(染め始めたから、キレイに染まっている状態に目が慣れて

新しく伸びてきた根元は、いままでどうり、白髪なので、増えたように感じるのでは?)

 

と、思っていました、

 

が!

 

過酸化水素水の蓄積により、

又は頭皮ダメージなど

 

白髪が増えていくと、すると

白髪が増えていく気がするのは、

そのとおり、染め続けていた方が感じた結果

 

毛染めに含まれる、過酸化水素水が

白髪を加速させるのは、確か言える事なのかな?と思いました。

 

 

 

酸化って老化でもあるでしょうから

 

頻繁に頭皮に付くわけですから

ダメージはありますよね。

 

 

私も、19歳ぐらいから髪色を楽しむ毛染め、30過ぎて白髪染めを繰り返し

どんどん白髪が増えてくな~( ;∀;)

 

と、思っていたんです。

 仕方ないなって思っていたけど

 

40代になり白髪染めを植物100%ヘナに変えたり

明るくするにしても

薬剤をえらんだり

 

過酸化水素が残留しないよう

処理したり

 

白髪はもちろんありますが、

年齢を重ねれば、白髪も増えるでしょうが、急加速で白髪が増えたと

思うことが、なくなりました!

 

そして、一番気になっていた分け目の白髪が前より私にしては減りました!

 

お客様の中でも

白髪が一部黒髪に戻った方もいます!驚きです!

 

とはいえ、老化や遺伝もありますから

全部黒くはもどらないです

 

 

 

 

ヘナ染めではない場合は

 

化学薬品で染める場合は

過酸化水素水、毛染めに含まれる色素成分

 

せめて、地肌に直接つけることは避け

るか

それなりの処理をしています

 

 

 

もし、白髪を染めるのに、

色の好みが大丈夫なら

、ヘナ、ハーブカラーが

やはり、いいんじゃないのかな!と、

思います!

( ◠‿◠ )

 

ヘナは嫌との方も

 

お茹でとく白髪染め

漢方カラーや

 

明るくできる白髪染めやカラーも

とても優しい薬剤にして

薬剤が残らないよう処理をします

 

 

白髪が増えるって

 

頭皮や体の老化を加速している

事になりますから

 

白髪が増えるだけでは済まなくて

頭皮に影響が出て

抜け毛が増えるようなこともあります

 

頭皮を大切にしたい方にも

優しい薬剤と処理をしています